トップページ
診療について
小児科医師紹介
小児科コラム
整形外科医師紹介
院内紹介
アクセス
ママさん小児科医の徒然日記
まねっこ
掲載: 2018/ 7/16(Mon)

我が家の次女はただいま幼稚園に通っております。
園児の女の子のお遊びの代表格といえば!
「おままごと」、「ごっこあそび」ですよね~。
我が家も例にたがわず、毎日、毎日飽きもせず(笑)しております。
その都度場面や設定が少しずつ変わるので、登場人物もいろいろいて、聞いてるだけなら結構面白いです。
「やって!」と言われ、巻き込まれると、次女のわがままに付き合うのが結構大変で、それはそれでしんどい…。

それは置いといて。

子どもって親や大人のすること、しゃべることを結構聞いています。
例えば親が気にして いなかった口癖、時々お子さんがしゃべったりしていませんか?
「~しなさいよ、ほんとにとろいんだから!」
「いいかげんにしてよ!」
「~に決まってんじゃん!バカだよねー」
とか。
そういうのってたいてい一言多かったり、真似してほしくないんだけど、と思っていることなんですよね。
もちろん我が家でもあります。
前述の次女のごっこ遊びでの一幕だったり。
長女の、次女を叱っているときの言い方だったり。
見ていて本当に恥ずかしいです。
自分はこんな風に子どもたちの目に映っているんだなあ、と。
そして猛烈に反省します。

「親の背中を見て子供は育つ」と昔から言われていますが、まさに その通りです。
子どもが生まれて初めてかかわる他人は産んでくれた母親であり、生まれて初めてかかわる社会は自分の家族社会です。
自分の真似をしている子供を見て恥ずかしくない大人になりたいものだと、日々模索中です。
皆さんのご家庭ではいかがでしょうか?

当院のQRコードです
QR_code
小児科 診療予約
予約_QR_code