トップページ
診療について
小児科医師紹介
小児科コラム
整形外科医師紹介
院内紹介
アクセス
ママさん小児科医の徒然日記
夏真っ盛り
掲載: 2018/ 7/24(Tue)

皆さん、連日の猛暑に倒れていませんか?
当クリニックのある周囲では毎日毎日猛暑日です。
埼玉県熊谷市では日本最高気温を更新してしまいました。
夏休みのお楽しみの学校のプール開放も、先日の小学生の熱中症による事故の影響もあって、中止になるところが多いようです。
プールの水は何となく生あったかいし、学校までの行き帰りが心配だし、と、まあいろんな理由で。

でも日本の夏はそれこそ昭和の時代から比べればどんどん上がっているような気がします。
感覚的な話ですが、私が小学生の時は朝7時8時はもっと涼しかった気がします。
今は 同じ時間で外に出てもすでに暑い…。

熱中症にならないためには水分と塩分を適切にとることが重要です。
汗をかいた後、水だけとっていても、体内の塩分濃度はそれによって薄まってしまいます。
すると体内塩分濃度は徐々に低下したことと同じになるわけです。
体内塩分濃度が下がることでいわゆる熱中症の症状が徐々に現れてきます。
なので、飲むなら塩分が適度に含まれるイオン水(OS-1など)などをお勧めします。
どうしてもだめな人には経口補水液を手作りするのもいいですね。クックパッドとかにも載ってました。

さすがにクーラーもないと生活できない毎日です。
自分が快適と感じる生活は、子供にとっても快適だ と思います。
お子さんもご自分も大事にした生活をしてくださいね。

当院のQRコードです
QR_code
小児科 診療予約
予約_QR_code