トップページ
診療について
小児科医師紹介
小児科コラム
整形外科医師紹介
院内紹介
アクセス
ママさん小児科医の徒然日記
風疹流行中
掲載: 2018/10/31(Wed)

皆様、ご無沙汰しております。
すっかり秋らしくなってきましたねえ。朝晩の寒さがこたえます(笑)。
体調管理もうまくいかない季節になってきましたが、大丈夫でしょうか。
我が家は今のところ無事ですが、気を緩めずにお互い頑張りましょう。

さて。首都圏を中心に今年は風疹が大流行です。
各自治体でも、妊娠希望の女性やその配偶者の方に風疹抗体価の検査をお勧めしていますね。
自治体でやれる検査はどうしても対象が限られてしまうのですが、それ以外の方でも検査ご希望の方は遠慮なくご相談ください。
話は戻りますが、風疹ワクチンを接種されてないる方は特に20~40歳台の男性に多いです。
それ以上の年齢の方は予防接種よりも実際にかかられた方のほうが多いといわれてます。
覚えていらっしゃらない方もいるかもしれませんが、中学生の時に「女子だけ予防接種ね~」と言われていたアレです。
 風疹は妊婦さんが感染すると先天性風疹症候群になってしまう赤ちゃんが生まれてくる可能性があります。
 難聴、先天性心疾患、白内障が三大症状と言われ、ほかにも様々な随伴症状が見られます。
 テレビでも特集番組などで紹介される機会が増えましたので、ご存知の方も多いと思います。
 毎日を懸命に頑張っていらっしゃる方は必ず言っています。
「風疹は予防接種さえしっかり受けていただければ、確実に防げる病気なんです。」

当院でも特に1歳のお誕生日を迎えて麻疹風疹混合ワクチン(MRワクチン)を打っていない方、同じく年長さんで打っていない方を中心にお声掛けしています。
 公費で接種できますが、公費が使える期間が限られてしまうので、予定はお早めに立ててください。
残念ながら公費の期間を逃してしまった方。お金はかかってしまいます。でもお子さんの将来を守るための予防接種です。
 タダじゃないからやーめた、ではなく、ご自分の子供、孫、それ以上に続く子孫のためにもぜひ予防接種をしましょう!!

当院のQRコードです
QR_code
小児科 診療予約
予約_QR_code